かえる意識ラボ
日常生活でアセンションを意識するだけで
面白くて楽しい経験ができるはず!
寒川ヒメコのアニメ生活

実験日常生活 花山れいの新ゲーム総論3 マルデクとレプティリアン

壁紙 精霊かえる 300×300 77KB

僕は精霊かえるです。花山れいさんの自分宇宙の中の「惑星ゲーム地球ランド」ではラスボス攻略法が明らかにされ、プレイヤー(人間)たちのアセンションが加速しています。そして、地球ランドの設計者だった記憶を取り戻した花山れいさんは、設計管理者として今後の地球ランドに関与していくことにしました。

からす
からす
それにしても、地球ランドに支配と分離社会を築き上げたレプティリアン意識体ってのは、絶大なスキルを持ってたなあー
れい
れい
からすくん。それについては、実は重要な補足事項があるのであります。

レプティリアンも根源に還りたがっていたのであります!?

原初の楽しいエネルギー実験

れい
れい
地球ランドの設計管理者として覚醒したれいさんは、レプティリアン意識体が地球ランドにログインして活動をはじめた目的がだんだん理解できるようになったそうです。
春蔵
春蔵
彼らも心の故郷に帰りたがっていたということじゃにゃ。
からす
からす
わっかりにくいなー、春蔵💧もっとわかりやすく説明しろよ。ん?待てよ・・・レプティリアンの故郷って、もしかして。。。。
れい
れい
そうであります。からすくん。あくまで、ボクたちはひとつ。ひとつの根源から生まれた等価値の意識体なのであります。実は、彼らも「根源の意識」に還りたがっていたのであります。
精霊かえる
精霊かえる
花山れいさんが設計した地球ランドは、多くの星系が協力してゲームの舞台装置が創造されました。そして、各星系からの代表チームがログインしてゲームがスタートしました。
れい
れい
「星系」と言っても、同じようなエネルギー表現を持った「意識体たちのグループ」という意味合いで、マスメディアで言われる「宇宙人」とは違うのであります。原初、地球ランドは高振動エネルギーの海に浮かぶ比較的低い振動エネルギー舞台装置といった夢のような世界だったのであります。そこで意識体たちが端末アプリ(タマシイ=DNAエネルギーフィールド)を使ってログインして楽しいエネルギー実験経験をしていたのであります。
夢物語 自分宇宙 会話 縄文
精霊かえる
精霊かえる
ここで、久しぶりに地球ランドの基本ルール(設計版)を振り返ってみましょう。
地球ランドの基本ルール(設計版)

①地球ランドのOSは3次元エネルギー(物質エネルギー)を使用すること。
②意識体が使用する端末アプリ(タマシイ=DNAエネルギーフィールド)は各々好きなように設定すること。
③①と②を使って新しいエネルギーを創造し、地球ランドで楽しい経験をして遊ぶこと。

れい
れい
各星系ごとにテーマを決めて、とにかくカタチをもってやってみたいことをいろいろエネルギー実験しはじめたのであります。
ヒメコ
ヒメコ
それが太陽のような正統派戦士プレアデスエネルギー実験だったり・・・
新ゲーム プレアデスエネルギー
ヒメコ
ヒメコ
破壊好きな異端派戦士オリオンエネルギー実験だったり・・・
新ゲーム オリオンエネルギー
ヒメコ
ヒメコ
両極端じゃない中庸的なシリウスエネルギー実験だったりしたのね。
新ゲーム シリウスエネルギー
春蔵
春蔵
支配好きなレプティリアンエネルギー実験も面白い経験ができたみたいであーる(^∇^)
新ゲーム レプティリアンエネルギー
れい
れい
原初では、「根源意識」をベース(足場)にした低振動エネルギー移行へのチャレンジ実験だったのであります。「太陽」というエネルギー放出実験や「戦闘」というエネルギー衝突実験、「中庸」というエネルギーバランス実験、そして「支配」というエネルギー移動実験というように・・・。何もかもがそれまで経験したことのない興味深いバーチャル世界だったのであります。しかしながら・・・
春蔵
春蔵
バーチャル世界をぶっ壊しちゃうこともしばしばあったのであーる💧
精霊かえる
精霊かえる
実は地球ランドはひとつではありません。

永遠の今、同時存在する無数の地球ランド

からす
からす
・・・ったく、ややこしいテーマを持ち出してきたなー💧
れい
れい
でも、からすくん💧レプティリアン支配の真の目的を語るのに、このテーマを外すことはできないのであります。ボクたちが今存在すると思い込んでいる地球ランドは、無数のパターンがパラレルに存在する「Never Ending World」なのであります。「惑星ゲーム」は、ゲームマスター(根源意識)の目的達成(ゲームコンプリート)まで続くのであります。
からす
からす
「バーチャル世界」を壊したってことは、地球ランドを壊しちゃったってことかよ?
夢物語 マルドゥク
春蔵
春蔵
意識体たちは、ゲームマスター(根源意識)の分身で好奇心の塊にゃ。エネルギーフィールドをぶっ壊すのも実験のうちであーる(−_−;)
れい
れい
ボクの記憶では、エネルギー経験済みの地球ランドは、太陽系としてその痕跡を残していて、破壊実験としては「マルデク」として知られる小惑星帯として知覚できるのであります。
精霊かえる
精霊かえる
物質化エネルギー経験が低振動化してバランスを失うと、ある時点で「アポトーシス=プログラムエンド」を迎えて純粋なエネルギーに戻ってしまうことがわかりました。
れい
れい
そして、実験経験を繰り返していくうちに、重大な別のエネルギーが創造されていたことにボクは気がついたのであります。自分の出自、自分のデータを忘れてしまう「記憶喪失」フラグのようなものであります(・・;)

なんか、自分のこと、忘れていませんか?

からす
からす
・・・ったく、また「記憶喪失」かよ。「惑星ゲーム」は忘れることが得意なんだなー💧
れい
れい
実験経験を繰り返して根源のエネルギー保管庫にデータが蓄積されていくにつれ、自分の「根源記憶」データが封印されてしまう意識体が現れてきたのであります。そして、完全に「ひとつ・調和」のエネルギーを忘れてしまったのであります。
春蔵
春蔵
それが、「支配」エネルギーを担当したレプティリアンエネルギー意識体なのであーる。彼らは「惑星ゲーム」外の意識体エネルギー領域でも「根源意識」を忘れたゲームをしはじめたのであーる。
新ゲーム ドSレプティリアン
精霊かえる
精霊かえる
そして、「マルデク」として破壊実験に参加した意識体たちも「根源意識」の忘却に陥り、ログイン実験経験が終わっても「根源意識」に戻れない状況になってしまったのです。
れい
れい
ボクが設計した「惑星ゲーム地球ランド」の仕様には、「マルデク」と「レプティリアン」がゲームスタート時から折り込み済みだったのであります。「根源意識」を忘れてしまった彼らの記憶を回復させ、再び一緒に楽しい実験経験をして遊ぶのがボクの夢物語だったのであります。
春蔵
春蔵
花山れいの「惑星ゲーム地球ランド」は、「来るものは拒まず、みんなで仲良くやろうよ」がモットーなのであーる(๑・̑◡・̑๑)
からす
からす
マルデクもレプティリアンもオレたちの兄弟、実験経験仲間ってわけか。なるほど。
れい
れい
そして、ボクの最強の仲間たちが、それをずっとサポートしてくれていたのであります。彼らは、徹底した影のサブマスターとして知られているのであります。
新ゲーム レプティリアン支配解除
精霊かえる
精霊かえる
次回はようやくマスター系意識体の登場です。もう後戻りはできません!アーメン。