かえる意識ラボ
日常生活でアセンションを意識するだけで
面白くて楽しい経験ができるはず!
みゅうと遊の会話

みゅうと遊の会話ー意識のエネルギー

かえるナビ

僕はかえるです。意識のエネルギーって何でしょうか?日常から離れた感じのテーマですが、ホントはこれ、生活の基礎になっていることらしいです。かえる意識ラボ的見解ですが・・・。

遊
みゅう、キミたちのまわりに存在するものすべてがエネルギーなんだよ。鉱物、植物、動物、人間、無機物、人工物を構成するのは目には見えないエネルギーなんだ。そのエネルギーはキミたちの意識に反応して変化し続ける。
みゅう
みゅう
東洋神秘思想で「ブラフマン」「万物の本質」とか「魂」と解釈されているものね。「波動エネルギー」で表現されることもあるわね。
遊
かえる意識ラボ的には、「意識のエネルギー」と呼ぶことにしよう。 
みゅう
みゅう
わたしのイメージでは、意識のエネルギーってこんな感じかな。マッサージの仕事をしてる時は、これに浸るように意識してるわ。
みゅうと遊の会話 はじまりの海
遊
すべては意識のエネルギーで出来ているから区切りがない。・・・ということは、すべてとのコミュニケーションが可能だと考えられないかい?みんな基礎は同じ、同じ材料で出来ている。だけど、みんな違う。みんな同じところにいて違う夢を見ているようだよ。
みゅう
みゅう
頭がクラクラするわね。同じだけど違う・・・なんて。
遊
みゅう、キミたちの意識には文字通り<意識できない>領域がある。むしろ、意識のエネルギーが無限すぎてマインドではなかなか処理することが出来ないんだ。つまり、3次元的な脳のシステムだけでは感知出来ないんだよ。
みゅう
みゅう
じゃあ、感知するにはどうしたらいいの?
遊
キミたちはこの曖昧なエネルギー世界でひとりひとり個人的なプロセスを経験している。他者といろんなことを比較してもあまり意味はないんじゃないかな。自分の外側を観ることはほどほどにして、自分の内側を意識することだよ。自分が今、どんなことを感じ、本当は何をしたいと思っているのかを意識することが大切だよ。
みゅう
みゅう
そうすると?
遊
自分の内側が意識のエネルギーとつながっている、意識のエネルギーそのものであることが自然にわかって、身体は意識の乗り物であると知覚できるようになるよ。そして、日常生活はまったく別次元の視点で経験することが出来る。
みゅう
みゅう
どんなふうに?
遊
毎日が楽しい貴重な遊びだよ。エネルギーである意識体が人間という生命体を経験して楽しむ感じだよ。喜怒哀楽、すべてが貴重な今を楽しむツールになるんだ。
みゅう
みゅう
なるほどね。わたしたち、内側から変化していくのね。
かえる
かえる
エネルギー世界は、変化してやまない素晴らしい芸術世界なのかもしれませんね。