かえる意識ラボ
日常の意識を変えると・・・
セラピスト”みゅう“のサイト
みゅうと遊の会話

みゅうと遊の会話 時間旅行10 東京の中の江戸

かえるナビ

僕はかえるです。東京は元々、江戸幕府が置かれた江戸であり、徳川家康の都市計画によって築かれ大いに発展しました。今日は、みゅうと遊が東京に存在し続ける江戸に旅に出ます。

東京は日本最大の風水都市です

時間旅行 江戸 出典:NHKスペシャル 大江戸 第1集 世界最大!!サムライが築いた“水の都”

遊
京都が「風水都市」なのはあまりに有名で、東京は風水都市なのは案外知られていないかもしれないね。
みゅう
みゅう
京都のように日常的に語られる機会があまりないし、複雑化した都市では「四神(青龍、朱雀、白虎、玄武)」がどれだかよくわからないわね。
遊
風水は、もともと都を定める時にふさわしい土地を探すための技術なんだ。日本では、藤原京以来例外なく風水によって都が選定されているよ。東京の風水は京都よりはるかに大きくて、関東全体で支えているんだ。
精霊かえる
精霊かえる
風水で一番重要なのは、北に山があることです。日本では、この山をカンナビといいます。崇拝されている山の南麓には、たいてい町の中心があります。
みゅう
みゅう
えっとー、東京って北側に山ってあったかしら?東京のある関東平野は日本最大の平地だから山がみつからないけど💧
遊
おおよそ100キロメートル北に日光白根山があるんだ。これこそ東京のカンナビ(=玄武)だね。その日光白根山は、関東全域の風水の中心である富士山から発するエネルギー(龍脈)が流れ込んでいるよ。東京一体は、富士山のエネルギーに抱かれるように位置する最高度に恵まれた場所なんだよ。
時間旅行 東京 四神
龍脈と龍穴

龍穴(りゅうけつ)とは、陰陽道や古代道教、風水術において繁栄するとされる土地のことです。龍穴に向かう流れを龍脈(りゅうみゃく)といいます。遷都・神社を建立するに際して、その土地の構造(活断層や山の配置など)を考慮した土地が龍穴として選定されました。不思議なことに日本国内のほとんどの大きな龍穴とされる場所には、古社が鎮座してしており、その土地は天変地異とは無縁だと言われます。伊勢神宮や唐招提寺、日光東照宮なども龍穴とされます。

精霊かえる
精霊かえる
東京の龍穴とは、もちろん江戸城(皇居)です。この場所を最初に注目したのは江戸重継(えどしげつぐ・平安時代末期〜鎌倉時代)です。重継は桓武平氏の末裔で、武蔵国江戸郷を相続しました。室町時代は太田道灌(おおたどうかん)が引き継ぎ、江戸城を築城しました。徳川家康は太田道灌の居城をそっくり引き継いで徳川の守護の要としました。そして後に日光東照宮が築かれることになります。
みゅう
みゅう
遊、青龍(東)に相当するのはどこなの?
遊
千葉の房総半島だよ。房総半島の照葉樹林地帯は古神道でいう神籬(ひもろぎ:神社以外で臨時に神を迎える依代)なんだ。いわゆる「鎮守の森」だね。「千葉」の名は生茂る豊かな緑、「千の葉の森」からきているんだよ。今は乱開発の影響で房総の森はまだらになっちゃったけどね💧
みゅう
みゅう
じゃ、白虎(西)は?
遊
丹沢山地の独立峰である大山の磐座(いわくら)・磐境(いわさか)で、神社の原始的な祭場だね。
みゅう
みゅう
朱雀(南)はどうなってるの?
遊
南の天より江戸の地を照らす日輪(太陽)とされる。水朱雀として大地のエネルギーをとどまらせる東京湾がそれに相当するんだよ。
精霊かえる
精霊かえる
歴代の宮都すべてが真北を背に南面していたのですが、江戸・東京のみが恵方(吉を呼ぶ方向)に合わせた天心十字です。江戸の街の螺旋水路とともに独自の日本風水となっています。
時間旅行 東京 四神

東京の中に渦巻く江戸

精霊かえる
精霊かえる
江戸は日本一の風水好適地ですが、徳川はさらにそれを補強しました。
遊
古地図では、江戸城を取り巻く掘割が螺旋形になっているんだ。掘割(濠:ごう)は「内堀」「外堀」と呼ばれてあたかも同心円であるかのようだけど、実はカタツムリみたいな「螺旋形」だったんだよ。

時間旅行 江戸古地図 出典:古地図 with MapFan

みゅう
みゅう
堀(濠:ごう)を主軸とした街づくりなのね。それが幹線道路ならぬ幹線水路で、その時代は船を使って行き来していたのね。
遊
これこそが江戸の「動脈」だったんだ。人と物が行き交いエネルギーが流れて、大江戸八百八町は大いに賑わったんだよ。江戸の町は人口100万人を擁する大都市に成長して、当時ロンドン(70万人)やパリ(30万人)にも勝る世界最大の都市だったと言われているよ。
精霊かえる
精霊かえる
東京という大都市は東京になってからのものではなく、すでに江戸時代において繁栄を極めていました。それほどの発展をもたらしたのが、江戸独特の風水術であった「螺旋水路」です。都市に必要な「水道」と「下水」、そして「流通」をすべてこの水路が解決しました。
みゅう
みゅう
でも、なぜ風水では「螺旋形」が繁栄をもたらすのかしら?

螺旋構造はその中心へ「気」を導き引き込むための呪術的手法です

精霊かえる
精霊かえる
江戸の都市計画は、富士山からの気の流れを取り込んで江戸城に集約収斂するという手法を、水路の建設という大がかりな土木工事によって実現したものです。これが江戸風水の最大最強の根元です。
遊
これに匹敵する都市計画は、織田信長の安土城とその城下町の建設、豊臣秀吉の大阪城とその城下町の建設の2例のみと言われているよ。
精霊かえる
精霊かえる
徳川家康が風水・陰陽道に精通していたことは疑う余地もありませんが、信長や秀吉も重用していたことは想像に難くありません。すなわち戦国の覇者は、武力とは別次元で、風水の戦いもしていたと思われます。
みゅう
みゅう
見えてる敵と見えてない風水の両方で戦略が必要だったわけね。
遊
この風水ゲームには明確な攻略法があるんだよ。それが「風水断ち」だよ。安土城は信長が本能寺で討たれた後に程なく炎上焼失してエネルギーの中心を失ってしまった。大阪城は難攻不落と言われたけど、家康の戦略で堀(濠)をほとんど埋められて裸城となって陥落したんだ。「風水断ち」で両者ともに町の基本構造も破壊されてしまったよ。
精霊かえる
精霊かえる
残念ながら、現在の東京は螺旋水路の形状を留めてはいません。堀(濠)はあちこちで埋められて寸断されて、皇居の周囲を除けば、あとはコマ切れのため池になってしまいました。現在の東京地図では「螺旋水路」を見るのは困難です。
みゅう
みゅう
じゃ、「螺旋水路」が失われた東京は弱体化しているの?
遊
現代の東京は、あらゆる意味で最高度に発展したのを裏付けるように、風水もより強力になっているんだよ。
精霊かえる
精霊かえる
「鉄道」と「道路」が水路に替わってその役割と果たすようになりました。交通機関の変化によって人と物の移動は、水路をほとんど無用のものとしました。存在意義が希薄になれば、風水の意義も希薄になります。それが人工施設の宿命です。
遊
もともと存在する大自然の「四神」は、人間社会がいかに変化しようとも基本的に不動だけど、人工的に整備造作されたものは環境変化で意義が変わってしまうんだ。
みゅう
みゅう
東京には「環状線」と称される鉄道や道路が建設され、それが発展し続けているわ。それが新たな環状経路というわけね。

時間旅行 東京環状線 出典:乗り物ニュース

時間旅行 東京環状線 出典:乗り物ニュース

遊
それが丸の内界隈(中心)を目指すようにデザインされているんだ。
みゅう
みゅう
そんな江戸東京都市計画のデザイナーってどんな人物かしらね?
精霊かえる
精霊かえる
それでは、次回はその人物をめぐる時間旅行に出かけましょう!

参考Web:

Wikipedia龍穴

NHKスペシャル シリーズ 大江戸 第1集 世界最大!!サムライが築いた“水の都”
参考文献: