かえる意識ラボ
日常の意識を変えると・・・
セラピスト”みゅう“のサイト
みゅうと遊の会話

みゅうと遊の会話 時間旅行7 戦国時代2 織田信長

かえるナビ

僕はかえるです。軍記物やTV作品、アニメやゲームで人気の戦国時代の武将である織田信長は、「本能寺の変」で亡くなったと言われています。

精霊かえる
精霊かえる
今日のみゅうと遊の時間旅行は、織田信長の意識のエネルギーにダイビングしますー!

信長は何のために戦ったのでしょうか?

戦国武将の時代

信長が生きた時代は、実力者がのし上がる「下克上」が盛んで「力こそが正義」の時代でした。守護大名だけでなく、素浪人や農民、商人出身でも強ければ戦国武将になれる実力社会でした。室町幕府が失墜した15世紀から16世紀にかけて、領主たちが一国の主を目指し、自分の土地を広げようと各地で争いをはじめました。

遊
戦国時代は一般的に、1467年の「応仁の乱」から徳川家康が天下統一をして江戸幕府を開くまでの約140年間と言われているよ。
みゅう
みゅう
1543年に鉄砲、1549年にキリスト教の伝来があったりして、国外とも大きな交流があるわね。
精霊かえる
精霊かえる
戦国時代は、裏切りやだまし討ち、暗殺など何でもありです。くれぐれも注意しましょう💧

信長はどんな人物だったのでしょうか?

同時代人による信長についてのもっとも的確な人物評は、イエズス会の宣教師ルイス・フロイスによるものとされています。

極めて著名なピカタン(司令官)として、大いなる賢明さをもって天下を統治した者であったことは否定し得ない。

出典:フロイス『日本史』

時間旅行 信長
フロイスによる信長描写(部分抜粋)

①極度に戦を好み、軍事的修練に勤しんでいました。
②貪欲でなく、はなはだ決断を秘め、戦術に極めて老練でした。
③機運が己に背いても忍耐強く、善き理性と判断力を有していました。
④ほとんど家臣の忠言に従わず、一同から畏敬されていました。
⑤正義において厳格で、自らに加えられた侮辱に対しては懲罰せずにはおられませんでした。
⑥いくつかの事では、人情味と慈愛を示しました。
⑦神および仏の一切の礼拝、尊崇、迷信的慣習の軽蔑者でした。
⑧困難な企てに着手するに当たっては、甚だ大胆不敵で、万事において人々は彼の言葉に服従しました。

みゅう
みゅう
天下の戦国武将だけあって、やっぱ好戦的で戦術家なのねー
遊
信長は職業軍人としての武士集団、つまり「プロの軍隊」を組織して城下町に住まわせていたんだよ。他の大名たちの戦闘集団構成は、武士1名と農民3名ぐらいの割合だから、これは画期的なことなんだ。それに信長は日頃から馬術や武術に励み、多くの戦で最前線で戦っているよ。
精霊かえる
精霊かえる
プロの武闘集団を雇うにはお金が必要です。
遊
当時の領主は農民の年貢収入が一般的だったんだけど、信長は貿易でも莫大な収入を得ていたよ。南蛮貿易で稼いで潤沢な軍資金があったんだ。貿易相手国のキリスト教布教を許可したのも頷けるよね。
精霊かえる
精霊かえる
信長の革新的な政策・軍略は、幼い時から教育を受けてきた織田家の参謀たちの働きも大きいようですね。
みゅう
みゅう
優秀な戦略家だったことは納得したけど、性格がドSなんですけどー
遊
みゅう、それについては、この戦国時間旅行のキーワードを思い出すといいかもしれないね。

時間旅行 タロット愚者 出典:Wikipedia

愚者とは?

カード番号「0」。(正位置)自由、型にはまらない、無邪気、純粋、天真爛漫、可能性、発想力、天才。(逆位置)軽率、わがまま、落ちこぼれ、ネガティブ、イライラ、焦り、意気消沈、注意欠陥多動性。

幼少期の信長は「うつけ者」でした

織田家の後継者として育てられた信長は、幼少期から奇抜な行動や挙動が多く「尾張国の大うつけ」と呼ばれていました。

みゅう
みゅう
テレビ番組やアニメとかゲームでお馴染みのキャラねー。髪型や服装も自由で、身分を気にせず庶民と一緒に遊ぶヤンチャ者って感じね。
遊
まるでタロットカードの「愚者」の逆位置だね。教育係も相当手を焼いたみたいだよ。
精霊かえる
精霊かえる
そして、タロットカードは反転!正位置に!
遊
天下統一を目指す信長は、まさにタロットカードの正位置だね。信長の人間としての素質や属性は、タロットカードの正位置にも逆位置にも自由に存在できるみたいだね。

信長の中で生きる縄文人意識のエネルギー

遊
幼少期にうつけ者として過ごした期間に、信長の意識覚醒をうながす重要な経験や人間関係があったんじゃないかと僕は感じているよ。秀吉に出会ったのはこの時期だとする説もあるしね。
精霊かえる
精霊かえる
幼少期の信長の意識は、自然とともに生きていたと考えられます。自然の声を聞き、自分の内側の声を聞き、自分が何をしたいのか、何をすれば細胞の一つ一つが喜ぶのかを知り、それを自分で決めて、自分の責任で行動できる意識です。
遊
幼少期の信長は、自分の好きなことをして自分自身の物語を生きていたみたいだね。
みゅう
みゅう
自分の好きなことをして自分自身の物語を生きる?それってどこかで聞いたような・・・
遊
信長は、人間が好きなことをして自分の物語を生きられるような世界を創りたかったとしたらどうかな?幼少期に一緒に過ごした庶民のための国を創ることを目標にしていたとしたらどうだろう?
精霊かえる
精霊かえる
信長の天下統一の野望は、庶民のための国を創ることだった可能性も考えられます。時は戦国時代、信長は戦うことによってその野望を達成しようとしたのかもしれません。彼は野望のためなら、どんなドSも出来ちゃう「愚者(ザ・フール)」ですから。
みゅう
みゅう
そんなスケールの大きな野望、信長一人じゃたいへんよね?
精霊かえる
精霊かえる
もちろんです。大物協力者たちがいました。この続きはまた!

参考Web:

織田信長の生い立ち〜うつけ者の幼少期と性格は冷酷評価の男の名言

最新研究に見る「真実」の信長

織田信長の性格と思想〜恐怖だけじゃなく意外な一面も。

織田信長と言う人物に迫る〜【織田信長】の性格・人柄は?

サンカ(山窩)を考える

Wikipedia織田信長

参考文献:日本列島から日本人が消える日