かえる意識ラボ
日常生活でアセンションを意識するだけで
面白くて楽しい経験ができるはず!
みゅうと遊の会話

みゅうと遊の会話ー光のコード3(イメージ)

かえるナビ

僕はかえるです。今日はみゅうと遊の会話です。「光のコード2」の続編です。どんな働きをしているか不明のジャンクDNAからの〜意外な展開へ!?これは、あくまでかえる意識ラボ的解釈になりますのでご了承ください。

ジャンクDNAとは?

ジャンクDNAは、ゲノム解析の結果、一見してごちゃごちゃしており余分・無駄に見えるような未解明の領域に対して付けられた名称ですが、「無駄な領域」「ごみ領域」と言った意味合いでとらえられることが多く、必ずしも適切な名称とはいい難いと言われています。

会話 ジャンクDNA
遊
ジャンクDNAは、それがどんな働きをしているかわからなければ、いつまでたっても「ガラクタ」だと思うよ。人間が意識していない無意識の領域で活動し続けるだろう。不可視のエネルギーの振る舞いが可視の世界の基盤で、「ガラクタ」と名付けられた装置は、無限のエネルギー領域とコネクトして水面下で活動してきたんじゃないかな。
みゅう
みゅう
遊、ジャンクDNAは、人間をはじめとした生命体のエネルギーフィールドに繋がっているかもしれないの?
会話 エネルギーフィールド アイキャッチ
遊
そう考えると、生命体の不思議や多次元性が実感できるのかもしれないね。五感によってこの世界の可視の部分だけにフォーカスし過ぎると、可視と不可視で成り立っている世界の素晴しさを充分に楽しむことが出来ないと思うけどね。
みゅう
みゅう
うーん・・・。不可視の世界をイメージしたいんだけど・・・。いったいイメージするってどういうことなのかな?イメージって不思議よね。スポーツ選手のイメトレとかは普通のことだし。何をするにも、やる前にイメージ思い浮かべるしね。
遊
内的視力だね。外界を見る視覚システムとは違って、脳の松果体という部分がそれに関係すると言われているよ。わかりやすく言うと、第三の目かな。

松果体とは?

脳に存在する小さな内分泌器官です。脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置しグリンピースほどの大きさです。松果体は子どもでは大きいのに対して、思春期になると縮小し、成人ではカルシウムやマグネシウムの沈着により石灰化(x線で骨と同じように見えること)が進んでいます。

哲学的には松果体の存在は神秘的なものとされ、そこは「魂のありか」と呼ばれていました。

松果体は、ヨーガにおいて6番目のチャクラ(エネルギーセンター:第三の目)とされています。

会話 松果体
遊
松果体は、大人になると石灰化してその機能を発揮しなくなるみたいだね。子どもたちは、自分のイメージの中でいつも楽しく遊んでいるよね。自分のエネルギーフィールドに存在する夢の国にアクセスして、内的世界を楽しんでいるのかな(^∇^)
みゅう
みゅう
えっ?子どもたちは自分のエネルギーフィールドの夢の国にアクセスしてるの?
遊
子どもばっかじゃないよ。みんなそうしてるんじゃないかな?イメージするってそーゆーことだから(*´ω`*)
精霊かえる
精霊かえる
お話はまたまた意外な方向へ・・・。とぅ*びー・こんてぃにゅー(๑・̑◡・̑๑)