かえる意識ラボ
日常生活でアセンションを意識するだけで
面白くて楽しい経験ができるはず!
寒川ヒメコのアニメ生活

ヒメコのおすすめアニメVol.6ー正解するカド その1

かえるナビ

僕はかえるです。今日はヒメコちゃんのアニメ歴の中でも最も印象深い作品を紹介します。僕もとっても興味があります。

ヒメコ
ヒメコ
ヒメコでーす!今日は東映アニメーション制作による正解するカドをご紹介します。2017年4月から6月までオンエアされました。

イントロダクション

かえる
かえる
この作品のキャラクターはフルCG表現されていて、作中に登場するカドの幾何学的な模様が常に動いている設定がとてもリアルに描かれています。
アニメ正解するカド
ヒメコ
ヒメコ
アニメーションとカドの内部空間の描写にゲームエンジンが使われていたらしいわよ。すごーく綺麗で神秘的な物体として表現されていて驚いたわ。

カドとは?

異方からの第一の力で四方4キロメートルに及ぶ正六面体の境界体です。その表面は徹甲弾(装甲に穴をあけるために設計された砲弾)さえ通しません。境界体であると同時に異方とこの宇宙を繋ぐ変換機構です。

ゲームエンジンとは?

コンピュータソフトにおいて主要な処理を代行し効率化するソフトの総称です。映像や音のリアルタイム処理をしています。

異方とは?

この世界(3次元)より37乗倍の処理速度と37乗倍の広がりを持つ世界です。その膨大な処理能力であらゆることを一瞬で処理できるので常に情報不足に苛まれています。

かえる
かえる
ところでヒメコちゃん。正解するカドの結末は、世間では賛否両論があったと聞いていますが・・・。アニメ冒頭での異方存在との公式コンタクトとそれをめぐる世界情勢〜からの〜結末の衝撃的展開のトーンにちょっとついていけない感があったのでしょうか?
ヒメコ
ヒメコ
人の価値観はむずかしいわね。原作者の世界観に同調しやすい人もいれば同調が難しい人もいて当然だしね。このご紹介はかえる意識ラボ的にすすめていきたいので、遊に来てもらっているのよ。
遊
ヒメコちゃん枠に初登場の遊です。実は僕も正解するカド、とっても興味深いんだよ(^∇^)
精霊かえる
精霊かえる
僕は精霊かえるに変身です。このスタイルなら、正解するかも

あらすじ

羽田空港の滑走路に突如としてカドが出現し、旅客機が乗客乗員とも飲み込まれてしまいます。政府がカドの調査と乗客乗員の救命に奔走する中、カドの上部にヤハクィザシュニナ(以下ザシュニナ)と名乗る存在と、偶然旅客機に乗り合わせていた敏腕交渉官・真道幸路朗(しんどうこうじろう)が姿を現します。ザシュニナは異方から来たと言い、世間は彼を異方存在と呼びました。

アニメ正解するカド

 

ザシュニナは、真道を交渉官としてワム、サンサなどの未知の力を人類に提供し、世界に衝撃を与えます。日本代表交渉役の徭 沙羅花(つかいさらか)は異方存在を警戒するように真道に提言します。

アニメ正解するカド

 

やがて、ザシュニナの目的が人類を異方に送ることであることが明らかになりました。ザシュニナは真道を異方に誘いますが、紗羅花がそれを引き留めます。紗羅花は、自分は異方存在で、人類に転生していることを思い出していました。真道と紗羅花はザシュニナの目的を阻止するために策を練りますが、真道はザシュニナに敗北してしまいます。しかし、別の時間軸の空間で育っていた真道と紗羅花の娘・幸花(ゆきか)が現れ、圧倒的な力でザシュニナを倒します。幸花はザシュニナ由来の未知の力をすべて無効化し、姿を消しました。世界は元の姿に戻りましたが、異方の存在を識るという結果を得ました。

人類にとって未知の力とは?

遊
ちょっと飛躍的だけど、4つの未知の力に似たような力が人間の内部に存在すると考えると、楽しい正解になるかもしれないよ。かえる意識ラボ的に解釈してみるよ!イラストはヒメコちゃんが描いたイメージです。

第1の力 カド

精霊かえる
精霊かえる
第1の力・カドは、異方とこの宇宙を繋ぐ境界体であると同時に変換機構です。
アニメ 会話 カド
遊
人間のエネルギーフィールドとして考えると面白いかもね。無限の存在・内部宇宙としての人間の本質と外部宇宙を繋ぐ空間が変化しながら広がっている。幾何学模様がいつも動いているカドのイメージとぴったりだと思うんだけど。
精霊かえる
精霊かえる
カドの内部でザシュニナが姿を現す描写は美しかったです。肉体よりも先にエネルギーフィールドありき。

 

第2の力 ワム

ヒメコ
ヒメコ
第2の力・ワムは、電力を無限に取り出す球体の装置で、紙のような簡単な材料でつくれます。
アニメ 会話 ワム
遊
人間のエネルギーフィールドのエネルギーの組み合わせによって電子を生成することも可能かもしれないよ。人間の肉体で言えば、神経の流れは軸索というケーブルの中を電気信号が伝わっていくんだ。人間の肉体は電気信号で動いているんだよ。それを外界に向かって放つと・・・?

第3の力 サンサ

精霊かえる
精霊かえる
第3の力・サンサは、人類に異方を認識させる形状です。多次元の個体存在を感覚できます。
アニメ 会話 サンサ
遊
固定されたひとつの世界に存在しているという意識を手放すことによって、人間は多くの世界に同時存在している感覚を自然に思い出していけると思うよ。寝ている間に見ている夢の中の自分も、リアルの自分と同じくらいの価値を持っているかもしれないね。

第4の力 ナノミスハイン

ヒメコ
ヒメコ
第4の力・ナノミスハインは、異方存在の腕ともいえる、重力制御、慣性制御、質量制御等を人類が行うことができる補助器具です。宇宙内部から操作を行うことによって、宇宙の設定に手を加えることができます。
アニメ 会話 ナノミスハイン
遊
まるで神業のような器具だけど、「君は神なのか?」という真道の問いに、ザシュニナは「それは完全な錯誤」だと言っている。実は人間の内部が変わると(意識が変わると)時間は伸びたり縮んだりする(時間が短いと感じたり長いと感じたりする)感覚を持てる。そして、人間は意識で物事を選択するたびに違う時間軸の自分に移行している可能性もある。人間は日常生活で無意識にそれをやっているとしたら・・・?特別な器具は必要ないかもしれない。
ヒメコ
ヒメコ
重力制御、慣性制御、質量制御とかは?
遊
ホントに必要なら可能なんじゃないかな。でも、この世界のパラメータを楽しむためには、手や道具を使ったり、身体の重さを感じたり、他の場所に物理的に移動して距離を感じたりすることの方が大切なのかも?
かえる
かえる
今日は長くなってしまいましたのでこれで終わりです。興味深い作品なので続きがあります。次回は結末についての考察です。では。

 Amazon.co.jp